カブ気 up & down...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

セロー オイル交換

前回のオイル交換(1,000km走行時)から大体3,000kmほど走ったので

(セローでは)初めてのオイル交換をしてみました


P1110129.jpg
--4,459km--

400kmほどオーバーしてますね


ここからは自分用の覚書です-----

P1110130.jpg
--エンジン--

P1110131.jpg
--カブとは違う--

まずこの六角形のを取ります(カブで言うトコのオイルレベルゲージ)

P1110143.jpg
--14mmで--

オイルもここから入れます

P1110134.jpg
--出るトコ--

オイルはここから出します

カブとは違ってそれらしいボルトはこれしかありません
(カブは似たようなのがもう一つあって毎回どっちだっけ!?って悩む)

P1110145.jpg
--12mm--

こっちは12mmで外します

P1110148.jpg
--ゆるゆる--

ある程度回したら後は手で

P1110149.jpg
--キター--

だばーっと

P1110150.jpg
--チョコっぽい--

黒と言うよりは、濃ゆい茶って感じでした 湯せんしたチョコレートっぽい感じ

P1110139.jpg
--高い--

オイルを抜いてる間、入れるオイルの準備をします

今回はヤマルーブのスポーツにしました

セローは1.3L入れなければならないので、1L缶を2本買うよりは4L買って3回使った方が良いかと思って今回は4L缶を購入(@りんかんで\6615のところラフ@ロードでは\5292)

高い買い物なので、少しでも安いトコで買いたくなるのは人間の性ですよね

ただ、いつものG1のオイルとは開封の仕方が違うのでちょっと苦戦してしまいました

P1110152.jpg
--開け方講座--

P1110153.jpg
--180°--

透明のヤツをこっちにぐりっと向けます こっからオイルが出てくるんでこれが口になるワケですね

P1110154.jpg
--ぐいっと--

銀の蓋の部分を思いっきり押します 全体重かけてもいいくらい

P1110156.jpg
--3つ--

全体重をかけるとペコっと凹んで蓋が開くので蓋と、その中の何かしらを取ります
これで蓋が開きました(ドヤッ

P1110159.jpg
--1.3L--

上にも書いたように、セローは1.3L使います(画像は1Lしか入ってませんが…)
この後ちゃんと0.3足してるので大丈夫です

オイルが全部出切ったら、ボルトをしめてオイルを入れて終了です

P1110161.jpg
--正常--

念のため、キーをONにして一番左のエンジンの異常を表すマークが点灯しないか確認
画像は、Nしか点灯していなのでOK!!(多分

この後時間があるようならせっかくなんで試乗でもしちゃいましょう

自分は川崎まで行ってきました

P1110164.jpg

P1110166.jpg

今日は天気良かったですね

日はそれなりに強くて、風は無くて バイク日和だったと思います

K察があらゆるトコに居たのが気になりましたが…


オイル交換後 感想

大体こういうのは変化がそれほど分かるもんでもないんですが

今回はなんか「あ、元気になった」って感じがしました

メンテナンスはこまめにしてあげるべきですね

次回のオイル交換は7,459km くらいでφ(.. )メモメモ

以上

スポンサーサイト

2012-01-13 : カスタム・メンテナンス : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カウンター

BBS

BBSの更新状況 とか

プロフィール

GunKanTouring

Author:GunKanTouring
土下座が好きなワケじゃないです

リアルタイム用
GunKanMobile

カブのこと
名前:ぐんぺい
所在地:神奈川
リトルカブ(80cc、黒×銀、キャブ車)

セローのこと
名前:千多郎
所在地:神奈川
2010年式、緑

オーナーのこと
かんち 29歳♂
現住所:神奈川
出身地:長崎

チロルとか工場とか好きです
よろしくお願いします

--連絡用--
kanchi95@gmail.com
@を半角に

My Style!

My Style!
色んなカブ乗りさんのカブとの「出逢い」がここに・・・

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。